徐々に浮くようになってきた

ラジコンヘリを買って3カ月。
休日に時間を見つけては少しずつ練習をしてきて、ようやく機体が宙を浮くようになってきた。

初めは勝手がわからないので恐る恐るスロットを開けていたのだが、これでは飛ばない。
かなり全開に近いところまでスロットルを開けてあげないと機体が浮かないのだ。

機体が浮いた後は、風に流されてあっち行ったり、こっちいったり、墜落したりばっかり。
ローターも毎回壊れるし、ホバリングはまだまだ。

このラジコンヘリは、あらかじめ出荷時に浮くように調整されているのものなので、誰が操作しようと宙に浮くのが当たり前なのだが、
とはいえ、宙に浮いた時の達成感は堪らない。
墜落すると壊れてしまうという緊張感も堪らない。(お財布もたまったもんじゃない)

思ったのだが、ラジコンヘリって、テスト勉強に似ている気がする。
とりあえず、テストで100点=宙に浮く(ホバリング)ようにしてあげると、勉強=練習が楽しくなって、続けられるのだ。
公式やら理論=ヘリコプターの飛ぶ原理なんて知らなくてもいい。操作方法を知っていれば十分。
(というか、そういう細かいところから入ると、続かないのだ)
とりあえずラジコンヘリの飛ぶ楽しさを実感させてあげれば、飛ばないからといって押し入れの奥ににしまい込まれてしまうということもないだろう。
(ドラゴン桜のそのまんまだけど)