川崎重工、「Boeing 787」の派生型機向け新工場を建設

2013.12.10 日経新聞より
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0901T_Z01C13A2000000/

川崎重工は2013年12月9日、航空機製品の生産・組み立て工場である名古屋第一工場において、「Boeing(ボーイング) 787」を増産するための新工場建設に着手した。新工場は名古屋第一工場南工場の東側隣接地に建設し、主に派生型機の前部胴体を生産する。2014年度末に竣工する予定だ。
川崎重工が建設するBoeing 787派生型機向け新工場の完成予想図

川崎重工が建設するBoeing 787派生型機向け新工場の完成予想図

 Boeing 787としては現在、「787-8型」(210~250席クラス)と「787-9型」(250~290席クラス)が生産されている。米Boeingは2013年6月に派生型機「787-10型」(300~330席クラス)を新たに787ファミリーに加えることを発表し、開発を進めている。川崎重工はBoeing 787の前部胴体、主脚格納部、主翼固定後縁の生産を担当しており、新工場では既設工場と同種の生産設備を追加導入し、さらなる増産および、787-10型の生産開始に向けた生産能力の増強を図る。

 新工場の延べ床面積は約6万平方メートル(全長250×幅194×高さ21m)。主要設備としては、世界最大級(直径9m)の複合材硬化用オートクレーブ、胴体を一体成形(積層)するプリプレグ自動積層機、胴体を一体加工(孔明け、ファスナー取り付け)するパネルリベッター、胴体を一体加工(孔明け・トリム)するトリム・ドリル装置、大型NDI(超音波非破壊試験装置)などを導入する。

 現在、Boeing 787は世界各国で運航されており、各型を合わせた受注機数は1000機を超えている。川崎重工は、Boeing 787向け製品の工場(名古屋第一工場北工場)を2006年7月に、増産用工場(同南工場)を2010年3月に竣工。2007年度初めに787-8型の前部胴体を初出荷し、その後も順調に生産を継続している。