HALCONの機械学習 : サポートベクターマシン(SVM)を使ってみた。

MVtec社の画像処理ライブラリHALCONでは、ニューラルネットワーク(MLP)、サポートベクターマシーン(SVM)、ガウス混合分布(GMM)の3つの機械学習法が機能として提供されてます。
今回、欠点分類にサポートベクターマシーン(SVM)を使ってみました。
HALCONの機械学習法に関する概要としてはここに書かれています。

まず結論から言うと、HALCONのポートベクターマシーン(SVM)では、評価関数が見えないので、チューニングの仕様がありません。与える教師データと使用する特徴量をどのように選択し使用すればよいのか分かりません。

私が使用したのはHALCON11でしたので、現時点の最新バージョンであるHALCON12では、一部は改善がされているとのことです。