【Raspberry Pi】純正カメラモジュール(PiCamera)とMotionで監視カメラを作る

Linux上で動作する、動体検知・ライブ配信など機能満載の監視カメラソフトウェアといえば、motion、ということでmotionをインストールしたのだが、以下のようなエラーが表示されてしまった。

症状1
motionを起動すると、ターミナルに”Failed to open video device /dev/video0: No such file or directory”と表示される。
ドライバーが原因のようだが・・・。

症状2
motionの設定を色々と弄ってみた上で、ブラウザで192.168.1.x:8081を開いてみると、グレーの画面に”Unable to open video device”と表示される。
やはり原因は設定ではなさそうだ・・・。

純正カメラモジュール(PiCamera)ってpythonで動かすドライバーはインストールしているけど、motionで使えるようにしないといけないのでは?

こちらを参考にさせていただきました。

motion は Video for Linux Two (以下、v4l2) デバイスを使用するので、純正カメラモジュール用のv4l2ドライバが使えるようにする必要があるとのこと。

$sudo nano /etc/modules

bcm2835-v4l2
を1行追加して、再起動する。これで純正カメラモジュール用のv4l2ドライバが使えるようになるはず。

その後、motionをインストールする。
$sudo apt-get install motion

これで、動くようになりました。

以下でmotionを実行します。
$sudo motion -n

動体を検知すると指定したフォルダに画像が保存されます。

Ctrlキー + Cの同時押しでmotionを止められます。